フォト
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ウェブページ

好きな店

2013年6月22日 (土)

花咲 萬治郎(京料理)

1306221_2 京都市東山区高台寺の「ねねの道」に面した京料理 「花咲 萬治郎」がある。詩吟仲間5人で、生麩や湯葉、京野菜など京都らしい食事が楽しめる懐石料理店に入る。築120年元旅館の京都風情溢れる町家の佇まい。我々はミニ会席「ねね御膳」とビール、冷酒少々を頂いた、さすがに京料理、満足して萬治郎を後にした。お昼のみの「麩麺(ふめん)点心」などが人気とか。

130622413062231306222

 
 その後は近くの「茶寮都路里高台寺店」に入り、甘党になり各自注文、ぜんざい、チョコレートパフェ、私はよくばりソフトを頼みました。
13062251306226

2012年6月 6日 (水)

試(こころみ)と主水

12060611206062 姫路駅の「試」の話をすると是非行きたいとの話になり仲間3人で行ってきました。今回は燗酒を飲みたいと思い本醸造酒4種類(1杯60ml)を「日向燗(30℃)」で呑みました。最近は少し度数の高い酒を冷やして飲む事が多く、今日の日向燗での呑み方は新鮮で美味かったし、燗も自分で行うため温度設定が細かく出来るメリットがあった。
12060631206064 少し物足りなくて8カ月ぶりに立町の「主水」に寄りました。焼酎の種類も多いが日本酒の種類も全国区で多くいつ来ても楽しめる。
今日は広島竹原の「誠鏡 幻」、広島西条「賀茂泉」、青森八戸「陸奥 八仙」を頂き、満足して帰路につきました。1206065
1206066上部2列が清酒の銘柄




2012年6月 2日 (土)

試(こころみ)

12060221206021 JR姫路駅1階「ビエラ姫路」に愉しい店が出来ていると聞いて行ってきました。happy01
店の名は「試」(こころみ)、兵庫県内62蔵元の280余種の清酒の銘柄を集めています。
12060231206024 売りは『きっと見つかる「わたし」のお気に入り、やっと見つけた理想の日本酒』で日本酒ファンには大きな魅力です。
 お好みのお酒を60mlのグラスで飲み、値段は1杯、100円から500円ぐらい(自分で燗も出来ます)
一度は覗いてみる価値がありますよ~lovely
12060251206026試みたのは1.三宅酒造(加西市):菊の日本(大吟醸)、2.酒心館(神戸市):福寿(大吟醸)、3.井澤本家(稲美町):倭小槌 身土不二(純米)、4.稲美酒造(三木市):葵鶴 山田錦しずく(純米)、5.山名酒造(丹波市):奥丹波(純米)

2011年10月12日 (水)

酒の十德

1110122 神戸・元町に川魚季節料理・うなぎ料理「どじょう吾作」があります。どじょう総理の誕生で繁盛しているか?と思って行きましたが昼食には少し早い時間帯で空いていました。
 カウンターの上に「酒の十德」と書かれた額が掲げられています。
なるほどその通りhappy01と思い写真に撮りました。
どなたか、柳澤柑園とは誰か教えて下さい?
柳澤吉保の一族と云う人がいますが?

  酒の十德

禮を正し  勞を憩ひ

憂を忘れ  欝を拂ひ

氣を廻らし 病を避け

毒を解き  人を和し

縁を結び 人壽を延ぶ

       柳澤柑園

        雲萍禧誌  

 

2011年9月24日 (土)

インド料理店

11092411109243_2 自宅の近所にインド料理店がオープンし数ケ月が経ちます。ランチに数回足を運びました。
 サラダ・カレー・ナン・飲み物と一番シンプルで安い料理を頼みました。カレーが日替わりで、今日はホウレン草のカレーで大変美味しく好きな味でした。ナンも顔を見てから窯で焼き上げ「アツアツ」写真のように大きなのが出てきて、お腹が一杯になります。飲み物にはチャイをチョイスしました。
1109242 店の入り口には印度とネパールの国旗が掲げられています。店内は二人のネパール人が料理をしていました。

2011年2月24日 (木)

ぼたん鍋

1102242 1102241  丹波篠山の囲炉裏料理「いわや」で「ぼたん鍋」を味わってきました。「いわや」さんは自前の田圃と畑を持ち、安心安全な食材を提供しているとの事です。写真のように板の間の囲炉裏を囲み懐かしい雰囲気の中で美味しく楽しく愉快に食べ大満足で 1102243 す。

2010年12月24日 (金)

カレー蕎麦

1012241  JR元町駅北側にある「日精」蕎麦屋さんです、震災後に再就職した会社から近く、リーズナブルでお腹が一杯になるので昼に良く利用しました。何時もの注文は冬は「カレー蕎麦」・夏は「ざる蕎麦」です。夜の利用は軽くざるそば又はおでんと日本酒を飲んでから東門へと仲間と繰り出しました。
1012243 1012242  当時はご主人と奥さんとパートさんでしたが最近ご主人の顔を見かけません、息子さんとでやっておられるようです。
 冬にカレー蕎麦を食べるのは、とろみと辛さで一度に身体が燃え汗が噴き出ます、汗を拭き拭き店の外に出ると冬の風が心地よく感じ至福の時です。
 写真はどちらも並盛です。

2010年9月30日 (木)

元祖味噌だれ「ぎょうざの店 瓢たん」

1009302  JR元町駅南にぎょうざの「ひょうたん」があります。間口は狭く、店内はカウンターのみで8席ほどです。店頭に「餃子」一筋54年と書かれています。20代の中頃に初めて食べに入りました。大将は中国からの引揚者で、おばちゃん二人と三名が狭いカウンター内で皮から具まで全て手造りで餃子を作り焼いていました。当時は赤味噌タレの中の豚ミンチがプチプチと何とも言えない舌触と歯ごたえで好きでした。創業者も相当昔に亡くなっています。時代が変わり店舗も増えて益々繁盛していますが、私は元町のこの店しか入ったことがありません。
1009301  焼き上がるまでタレを作ります、赤味噌とラー油、ニンニク醤油(深漬けと二種類)、酢でブレンドして待ちます、私が飲むのはビールか五加皮ですが、まだ焼き上がらないときは深漬けニンニク醤油の中のニンニクをつまみにして飲みます、これが結構ビールにも五加皮にも合います。しかし、後が大変です、電車で厭な顔をされます。
 

2010年9月 5日 (日)

男は、あたま。

1009051  神戸三宮、北野坂北向き地蔵の北側の6階建飲食ビル最上階に20代から通っている理容「ファースト」があります。もともとはJR元町駅の北側鯉川筋で店舗を出していましたが、震災で倒壊し現在の場所に移転してきたものです。サラリーマンが多く勤務する事務所ビルでの営業と違い飲食ビルの最上階、飛び込みのお客はほとんど無いそうで、常連客が多いそうです。
 私もそうですが、物知りで話好きなM田店主の人柄に惚れて、みなさん遠い自宅から定年になっても交通費を払って通っています。もちろん三宮に出てくる楽しみもありますが・・・・。店内には背の高いイケメンの20代の息子さんとやんわりどっしりした奥さんが手伝っています。奥さんに会うと自宅にいるような「ほっと」した気分になります。
1009053 15年前のM田氏と被災した店舗

2010年8月14日 (土)

コラーゲンいっぱい「豚足」

P10508891  好きなので今でも機会があればJR元町駅西口のガード下の「丸玉食堂」で豚足pigを食べます、この店は職場の2年先輩であったM田さんに40年以上前に連れられて入ったのが最初です。当時の大将はお腹が大きく張り出した中国の大人で、しゃきしゃきした小柄でふっくらした愛想の良い奥さんが居られました、大将はお亡くなりになったと相当前に伺いました、奥さんも見かけませんので・・・・・・・、今は息子さんか孫さんP10508871 に代替わりしているのでしょう。
 尊敬するM田さんもお鬼籍に入って早や4年、お元気で豪快な方でした。丸玉食堂では、老麺・ロバ・腸詰・汁そばnoodle・青菜炒め・酢豚等、もちろんビールbeerを注文し若い二人でパクついていました。私も年になり一度にたくさん食べれませんので一品を注文しています、冬は老麺が多いのですが最近は豚足pigとビールbeerで~す。
 懐かしい思い出です。